富山 朝日町 津波で漁船や漁具に被害 一部の漁業者 操業できず

時間: 14/01/2024   ソース: 匿名   数字をクリック: 1967

富山県と新潟県の県境近くにある朝日町の宮崎漁港では、1月1日の地震による津波で泊漁業協同組合に所属する漁船2隻が沈没しました。

海面から1メートルほどの高さにある水揚げ場周辺では、置いてあった網などの漁具が津波に流されたほか、大量の泥やごみが押し寄せました。

被害は沖合の網でも確認されていて、1月11日に刺し網漁船が沖に出たところ、仕掛けた網がなくなっていて、14日も別の場所で網を引き上げたところ網が切れたり絡まったりしていたということです。

漁協では、漁場にしている海底の地形などが変化しているとみていて、網を固定する位置などを見直さなければならないため、これまでどおりの操業は当分、難しいということです。

泊漁業協同組合の脇山正美 組合長は「漁船と違い網などの漁具に適用される保険がないため大きな損失ですし、操業できないため収入が得られません。漁場がダメージを受けている可能性があり、被害は深刻です」と話していました。